CROSSROAD

“アジャイルの力”で飛躍する:
組織デザインへの教訓

急速に変化する市場での生き残りをかけて、多くの企業がアジャイル手法(Agile Principle/Agile Framework)に注目しています。誕生してからわずか10年程度の歴史の中で”アジャイル手法”はソフトウェアと製品開発の分野で生産性の向上と望ましい結果をもたらしたため、多くの経営幹部はこの手法でビジネスを改善する方法を模索していますが、まだ初期段階にあります。
アジャイル手法は、伝統的に使われてきたビジネスフレームワークや組織デザイン(組織設計)の手法とは大きくかけ離れて見える点もありますが、だからこそ、競合に先駆けて自身のビジネスにうまく取り込むことができれば、飛躍的な成長の可能性を見出すこともできるかもしれません。

私たちアラインオルグ・ソリューションズは、過去25年間、組織デザインの実践においてアジャイルの原則を適用し、実践してきました。そして、アジャイルが提供できるスピードと柔軟性から多くの企業が利益を得てきました。

本ガイドでは”アジャイルの原則”が皆さんのビジネスにおいてどのように使えるのかを、皆さんと共に探求し、そしてアジャイルの原則を実際に25年間使ってきた私たちの経験を踏まえて皆さんのビジネスを差異化し、成長を実現するための組織をデザインするためのロードマップを示します。

概要

  • 第1章

    ”アジャイルアプローチ”の特徴と魅力

  • 第2章

    ”アジャイルの原則”の組織デザインへの適用

  • 第3章

    組織変革を”アジャイル”に推進する方法とは

  • 第4章

    ”アジャイル組織変革”の過程

  • 第5章

    ”アジャイル組織変革”を始動するために

下記フォームへ必要事項をご記入の上、ガイダンスダウンロードへお進みください。
※フリーメール(Gmail, Hotmailなど)でのご登録はできません。
この記事をシェアする